丁子草 私の【草花庭木の育て方】

本日は、【はちクラブ】をご覧いただきありがとうございます。
植物を育てている経験は長いのですが、知識がありません。(えっ?)
勘を頼りに育ててきました。
失敗したっていいじゃない、だって人間だもの。
はち。です!よろしくお願いいたします。

丁子草 キョウチクトウ科 チョウジソウ属

原産地

日本

耐寒性と耐暑性

耐寒性、耐暑性を一向に気にする事なく育てることが出来ます。

花の時期

5月~6月頃、青く星形の花を咲かせてくれます。紫の花は良く見かけますが、青い花は中々無いので貴重です。

用土

丈夫な植物で用土はあまり選ばないとおもいますが、保湿と排水のバランスの良い土の方が育ちがいいと思います。

水やり

露地植えなので基本やりません。
プランターで育てる場合は、春夏秋は基本、雨の日を除いて毎日あげて下さい。

肥料

寒肥で2月頃に鶏糞を根の周りに撒いて土を被せておきます。
花後と春先には化成肥料をパラパラっと周りに撒いています。

植え替え

春先と秋に出来ます。夏は株が弱るのでやりません。

増やし方

良く増えますので株分けが簡単に出来ます。秋で葉が黄色になった頃がしています。

日当たり

ウチでは、西日に当たらない所の丁子草の方が色がキレイな様です。

冬越し

上部は枯れてなくなりますが、根が残り春先に芽吹きます。

夏越し

特に何もする必要はありません。

病害虫

アブラムシに注意して下さい。

背丈

80cmほどに成長しますので、切り花としても使えます。あまり散らさないと思いますので、花瓶の周りが汚れる事も少ないです。仏壇に飾るのには、汚さないので適していると思います。

私の栽培環境

私の住んでいる所の気候は、冬の最高気温が氷点下となる日がある等、非常に寒い地域です。12月~3月は冬の時期になり、平均最高温度は1桁の9℃しか上がらず最低温度は-2℃となります。
もちろん平均ですから、最高温度が2桁台になる事もありますし、最低温度は-10℃を下回る事さえあります。
年間の平均降水量は1800㎜を超え特に7月8月に多く降り湿度が高くなります。

まとめ

とても丈夫で育てやすく、よく増える植物です。
色も爽やかな青で、紫や黄色ピンクが多い草花の中では珍しいです。
しかし、好みにもよりますが、葉っぱの方が大きくて花があまり目立たないのが残念です。
切り花用に育てましたが、とても重宝しています。
我が家の切り花とは、仏壇用です・・・(;^_^A

MEMO
株元から新しい芽が出て良く増えます。大株に成長します。
タイトルとURLをコピーしました