ドドランタリス 私の【多肉植物の育て方】

本日は、【はちクラブ】をご覧いただきありがとうございます。
植物を育てている経験は長いのですが、知識がありません。(えっ?)
勘を頼りに育ててきました。
枯らしたっていいじゃない、だって人間だもの。
はち。です!よろしくお願いいたします。

ドドランタリス ベンケイソウ科 グリーノビア属→アエオニウム属

ドドランタリスはグリーノビア属からアエオニウム属に入ったそうです!

原産地

カナリア諸島

カナリア諸島は13℃~29℃と温暖な気候で、年間の雨量は、200㎜前後で私の住んでいる地域の年間平均雨量が1800㎜に比べ非常に少ないです。

耐寒性と耐暑性

耐寒性・耐暑性ともに弱いと思います。
夏と冬は断水すれば-2℃~35℃までなら耐えられます。
しかし、連日高温や低温が続くと弱ります。
最高温度も最低温度も3日以上続かない事が望ましいです。

用土

カナリア諸島は一年間の降水量が200㎜とかなり少ないので、鉢の中の土が乾きやすい土がいいと思われます。
ウチでは腐葉土か牛糞1・赤玉3・軽石3・鹿沼石2・燻炭1です。

水やり

1月~2月いっぱいは断水、7月~8月いっぱいは断水でそれ以外は土の表面が乾いたら2日あけてから水やりをしています。ウォータースペース(水やりをした時鉢の中で一時水が貯まるスペースの事で、個体を植える時、鉢の縁より少し下げて土を入れていると思いますが、その土の表面から鉢の縁まで水が貯まるスペースをウォータースペースといいます。)が、鉢が大きくて広いと乾きにくい場合があります。その場合1カ月に1度位でもいいと思います。水やりは環境と温度、湿度を見ながらやらなければ根腐れを起こします。多肉植物は少々シワがよる位あげなくても枯れませんので、むしろその方が安全かもしれません。

花の時期

春頃に花茎を伸ばして開花します。
花を咲かせると枯れる場合があります。

2020年4月25日撮影

植え替え

春と秋にしています。主に春に植え替えますが、鉢が小さくなった様であれば秋にも植え替えます。
土が古くなった場合も土の取り替えのため植え替えします。
私は、2年から3年に一度は植え替えをしています。

冬越し

ビニールハウスで管理し完全に断水し寒風と霜除けをしています。
冬の間12月末頃から2月いっぱいの間は水はやりません。
シワシワになっても断固やりません。
1日の間で氷点下になる時間がどのくらい長いのか?毎日天気予報でチェックしてビニールハウスのキャンドルヒーターのロウソクの本数を決めてます。
1本でおよそ外気より2℃高い状態で保温が可能です。(※ウチの場合)

ビニールハウス保温問題 私の【ビニールハウス】
ビニールハウスでの冬越し・保温等を書いています。日光市の気温の影響なども書いています。ビニールハウスで越冬するためのコストをおおまかに計算しています。

それでも0℃を下回る温度になったら室内管理に切り替えます。
うっかり―2℃まで下げてしまいました(;^_^A
でも凍死はしませんでした。

夏越し

断水します。
7月半ばから8月いっぱい位まで(状況により前後します)水はやりません。
※ウチでは、2020年から扇風機で風を当てる事といたしました。
2019年までは扇風機が使えなかったので、断水、遮光で乗り切りました。
ハウスではビニールシートが汚れて直射日光が当たらなくなったので、遮光シート(75%)を止めました。
両サイドのビニールは開けて風の通りをよくしています。
でも、そこから雨が入り込んで土を濡らすので蒸れて溶けます。
この蒸れて溶けるという事故が一番多いです。

病気・害虫

冬に完全に断水して鉢をカラカラにするため春先にかけてカイガラムシ(白い綿の様なモノがついている)ワタムシ・アブラムシが付きやすくなります。
葉っぱと葉っぱの間に発生しやすいので一見分かりづらいです。
発見したら直ぐにピンセット等で取り除きましょう!
樹液を吸い取られ葉っぱがボコボコされた様にになります(;^_^A

ドドランタリスが、売り切れていますので、在庫のあるショップ載せておきます。

まとめ

葉っぱが薄いので、暑さ寒さに弱いと勝手に思っています。
0℃- -2℃を下回ったら室内管理にし、30℃を超えたら雨に当てない様に管理ています。
ドドランタリスの故郷は雨がほとんど降りませんので、多湿にも弱いと思います。
梅雨時期や夏の雨に十分気を付けて濡らさない管理をしています。
ドドランタリスは花が咲いたら枯れますので、増やしておく必要があります。

多肉植物 hmグリーノビア ドドランタリス 多肉植物 グリーノビア 6cmポット
フラワーネット 日本花キ流通
¥ 878(2020/05/14 23:02時点)

現在の様子

2018年

12月

芽が出て来ていますので、このまま無事に春を迎える事が出来れば増えてくれると思います。
が、28日から30年に1度の最強寒波が来るらしく、予報では最低気温-6℃が3日間続くらしいです。怖えー・・・

2019年

4月

大きくなってきましたので挿し芽をしようと思っています。

5月

中央の葉っぱがまとまり出しました。
休眠期に入る様子です。
水やりは、あと一回位あげて断水に入りたいと考えています。

6月

葉っぱが閉じました。
水をやってみましたが、やはり吸い込みが悪い様なので、これで断水します。
ちなみに日光市の6月の平均気温は最低16℃~最高24℃です。
東京の5月とほぼ同じになります。

7月

先日、ハウス内の水やりをホースでやってしまい、断水したはずのドドランタリスにもかかってしまいました。
それから、数日たった今日。
気がづいたら、子株の真ん中が真っ黒になっています!
これは完全に、やっちまいましたね!
もう、直せないので、諦めて放置です。
これ以上、悪化するようであれば切ります。

9月

育て方が雑なの出ちゃって、初夏に水を掛けてしまった真ん中が茶色になっています。
周りの子株は、少し挿し芽にしました。
小さいと成功率は低いです。
大きくなってから挿し芽した方がいいです。
ちなみに根っこが出るのは、べらぼうに遅いです。

今年の夏のビニールハウスの温度について書いてあります。

今年の夏も多肉植物溶かしました
ハオルチア属玉扇は、葉っぱを重ねるように一列に並んで生える多肉植物です。それを夏の高温で溶かしました。涼しかった梅雨が明け一気に気温が上がり油断して日に当ててしまった事が原因と考えています。

11月7日撮影

少し葉っぱが開いてきました。
中央の茶色は相変わらずでご愛敬。
日光市は今の季節、朝晩の寒暖差が激しいので心配です。

12月12日撮影

11月より少-------し葉っぱが開いている様に見えます。私には・・・
ドドランタリスは、冬の変化はありませんのでこのまま無事に越冬出来る事を願うばかりです。

2020年

1月25日撮影

1月ハウス内平均最低気温:1.2℃

断水中ですが、花芽を作ってしまいました。
花が咲くと枯れる場合がありますが、このまま咲かせてみようと考えています。

2月23日撮影

今年は暖冬のため、成長し始めています。
例年なら断水中ですが、寒さに強い多肉が休眠状態にならないようなので、1月25日と2月20日に水やりをしました。

3月29日撮影

3月から通常の水やりに戻しました。
1日にはハイポネックスをやりました。
花が咲くのも時間の問題となってきました。
花が咲いたら、花を付けた部分は切るつもりでいます。

4月25日撮影

開花しました。
花茎から新芽が出ていましたので、新芽を残して花は切り落としました。
ドドランタリスは開花すると枯れるらしいのですが、実際は枯れるのか?実験のため開花させてみました。
基本弱虫なので、一輪だけ咲かせて切ってしまいました。
さて、どうなる事でしょう・・・

5月24日撮影

5月3日ハイポネックスをやりました。
今回で今年2度目の液肥です。
ナント、全てが花芽をもってしまいました。
終わりでしょうか???

6月20日撮影

メデューサと化しました・・・
もう救いようがないので、このまま開花させて看取ろうと思っています。
ドドランタリスは良く増えますので、挿し芽をして予備を作っておくことをお勧めします。

通常ならアエオニウム属は休眠期に入ります。
ドドランタリスは葉っぱを閉じて水の吸い上げが悪くなります。
高温多湿で鉢の中が乾きにくい状態が続いてしまうので、風が当たらない環境下では、鉢を素焼きにして地面に直置きしないだけでも結構早く乾いてくれます。
ウチでは、鉢がプラスチックなので株に比べて小さめの鉢を使っています。

5月24日から6月20日のビニールハウス内温度
平均最高温度:28℃
平均最低温度:15℃
最高温度:35℃
最低温度:11℃

梅雨に入り雨が続いています。
6月に入ってから水やりは一度です。
梅雨時期の私の水やり条件(ビニールハウス内)は、1.曇りまたは雨の日が今後2~3日続く 2.鉢の表面が完全に乾いている を完全に満たしている時です。
そうすると、月に2回ほどしかありません。

※夏越しを一部変更させて頂きました。

挿し芽をして予備を作っておきました。

2020年6月20日撮影

やっぱり中央が茶色になっています(;^_^A

7月26日撮影

メデューサと化したドドランタリスの最後の時です。
ウチでは2年で花芽を形成してしまいました。
他のアエオニウム属は花芽を作っても意外と枯れないんですが、ドドランタリスはダメでした。
まぁ、私の育て方が悪かったのかもしれませんが・・・
でも、アエオニウム属は今は休眠期なので、根っこが生きていても寝てる可能性もゼロではありません。
もう少し様子を見ます。

挿し芽の方です。
かなり弱っています。
こちらも期待しないで見守りたいと思います。

6月24日から7月22日のビニールハウス内温度
平均最高温度:26℃
平均最低温度:18℃
最高温度:33℃
最低温度:15℃
合計日照時間:33.7時間(気象庁データ参考)

水やり:2回
追肥:なし

梅雨時期の日光市の気温は、生育するのに丁度良く水をやるとドンドン成長します。
しかし、湿度が高いため乾きが悪く鉢の中に水分がしばらく残ってしまいます。
その上、日照時間は少ない、更に、ウチのハウスは日当たり悪いので徒長します。
これら諸事情ため、水やりを控えて管理します。

8月20日撮影

枯れた部分を切りました。
この状態から変化するのかしないのか様子を見ようと思っています。

8月1日から扇風機使用

7月23日~7月31日(ハウス内温度)
平均最高気温:26℃
平均最低温度:19.8℃
最高温度:32.5℃
最低温度:17.8℃
合計日照時間:9.6時間

8月1日関東地方梅雨明け
8月1日~8月22日(ハウス内温度)
平均最高気温:36.1℃
平均最低温度:21.6℃
最高温度:41.5℃
最低温度:18.5℃
合計日照時間:135時間

水やり:1回
8月 5日 当日最高温度25.1℃
(断水2週間経過中)

追肥:0回

8月1日から22日の間、35℃以下の日は6日間でした。
水やりをしても2日で鉢の中はカラカラに乾燥します。
断水しても成長し続けています。

葉焼けは41℃以上でカラカラ状態だと焼けやすい感じがしますが、絶対焼けるワケではありません。
湿度が関係しているのか分かりませんが、冬のハウス内の温度が41℃を超えてしまった日の方がよく焼ける気がします。

タイトルとURLをコピーしました