パピラケア 私の【多肉植物の育て方】

本日は、【はちクラブ】をご覧いただきありがとうございます。
植物を育てている経験は長いのですが、知識がありません。(えっ?)
勘を頼りに育ててきました。
枯らしたっていいじゃない、だって人間だもの。
はち。です!よろしくお願いいたします。

パピラケア スベリヒユ科 アボニア属

原産地

南アフリカ ナミビア

現地の気候:どちらも降水量は日本と比べて半分程度です。気温も15℃~28℃位と温暖な気温で乾燥しています。

耐寒性と耐暑性

我が家では、0℃を下回る様になったら室内管理にしています。
何度まで耐えられるかはチャレンジしていません(^_^;)
夏も日本の高温多湿には弱いと思います。
それでも40℃位は耐えてくれましたが、多湿には注意して下さい。

用土

水はけが良い土がいいと思いますが、根が細く切れやすいので、市販のサボテン用の土がおすすめです。
肥料も入っているので一石二鳥です。

肥料

買ってから1年になりますが、一度もやってません。

水やり

1月~2月いっぱいは断水、7月~8月いっぱいも断水で、それ以外は土の表面が乾いたら数日あけてから水やりをしています。
写真を見てもらうと個体に対して鉢が少し大きい上にプラスチックの鉢なので、水が乾きにくいです。
梅雨時期などは更に乾きにくくなりますので、状況を見ながら水やりをしています。
殆ど乾いている状態でいます。

植え替え

春先に植え替えをお勧めします。
根が細いので、植え替えの時、切れて痛めてしまう恐れがあるため、成長期の春に植え替えをした方がいいと思います。
土が古くなった場合も土の取り替えのため植え替えします。
私は、『多肉植物』は2年から3年に一度は植え替えをしています。
秋の植え替えは、冬までに根が土に張りきれず成長が間に合わないので冬越しがつらくなりますので、おすすめ出来ません。

増やし方

こぼれ種でも増えるみたいですが、春に挿し芽にチャレンジしてみます。

花の時期

夏頃に開花するようです。

紅葉

何も変わりません。

日当たり

1年を通してよく日に当てましょう。
でも、夏は直射日光を避け、遮光をした方がいいです。
注意しなくてはならないのは、冬に室内管理をしたり、夏に直射日光を避け遮光したものは、急に日光に当てると葉焼けを起こしますので徐々に慣らしてから日に当てて下さい。

冬越し

ビニールハウスで管理し完全に断水し寒風と霜除けをしています。
うっかり―2℃まで温度を下げてしまった日が2日間ありましたが、凍死は免れました(;^_^A
冬の間12月末頃から2月いっぱいの間は水はやりません。ビニールハウス内は、キャンドルヒーターか練炭で保温しています。
ロウソクは1本でおよそ外気より2℃高い状態で保温が可能です。(※ウチの場合)
ビニールハウスの保温はこちら↓です。

ビニールハウス保温問題 私の【ビニールハウス】
ビニールハウスでの冬越し・保温等を書いています。日光市の気温の影響なども書いています。ビニールハウスで越冬するためのコストをおおまかに計算しています。

夏越し

断水をして風通しをよくして夏をこしました。2018年日光市の夏の温度は、連日35℃近くまで上がりましたが、何とか断水で痛みもなく越す事ができました。
遮光シート(75%)をして直射日光は避けました。
ビニールハウスのサイドを開放して風通しを良くしています。

病害虫

冬に完全に断水して鉢をカラカラにするため春先にかけてカイガラムシ(白い綿の様なモノがついている)ワタムシ・アブラムシが付きやすくなります。
葉っぱと葉っぱの間に発生しやすいので一見分かりづらいです。
発見したら直ぐにピンセット等で取り除きましょう!
樹液を吸い取られ葉っぱがボコボコされた様にになります(;^_^A

私の栽培環境

私の住んでいる場所の気候は、冬の最高気温が氷点下となる日がある等、非常に寒い地域です。12月~3月の冬の時期、平均最高温度は1桁の9℃しか上がらず最低温度は-2℃となります。
もちろん平均ですから、最高温度が2桁台になる事もありますし、最低温度は-10℃を下回る事さえあります。
越冬にはビニールハウスを使っているため保温が最大の課題で毎年苦労しています。
ビニールハウスは180㎝×220cmで保温にはキャンドルヒーターを使っています。
そのため、春には多肉植物は少しすすけていたりします。夏の時期7月8月は平均最高温度が28℃で最低気温は18℃になりますが、最近の気温は、とても高く35℃を超える日が多くなってきていますのでビニールハウスの中の温度はどんなに風通しの良い状態にしても45℃を超えてしまいます。
そのため溶けて無くなる個体も多くなってきています。
年間の平均降水量は1800㎜を超え特に7月8月に多く降り湿度が高くなります。多肉植物には地獄の様な環境です。

まとめ

パピラケアを育てて、まだ1年程しか経っていませんが、怖くてて0℃以下を超えられるのかチャレンジ出来ずにいます。うっかり(はちだけに・・・)―2℃まで温度を下げてしまいましたが、”一発凍死” は、しませんでした。
我が家では、1年を通して最低温度は―2℃、最高温度は40℃にさらしてしまいましたが、とりあえず生きています。
植え替え時、根が細いので注意しないと切れてしまいます。

MEMO
現地が乾燥しているので、湿度と温度が高い日本の夏は辛いと思います。鉢と鉢の間は必ず3cm程離して隙間を作り、なるべく風が通るように工夫しています。とにかく湿度には注意が必要です。冬の温度も高いので日本の氷点下になるような冬は苦手です。現地では15℃はありますから、最低温度は安全に5℃は保っておいた方がいいでしょう。我が家の環境下では、断水し最低温度0℃程度で冬を越しましたがおすすめ出来ません。

現在の様子

2019年

1月

新芽が出てきています。
氷点下にさらしてしまいましたが、何とか耐えてくれました。
新芽の成長も冬は遅いです。

4月

株元から出ている子株が大きく成長しています。
成長がゆっくりで変化が分かり辛いですが、ちょっとずつ大きくなっています。

6月

4月からほとんど変わっていない様子です。
成長はのんびりかもしれません。

10月6日

夏越しで調子を崩してしまい、急遽植え替えをしました。
夏越しでも書いてある通り、断水と75%遮光で挑みましたが、何とか越したけど・・・といった状態で、痛みも出てしまいました。
6月の写真には3本しっかりして写っていますが、1本ありません。
枯れてしまったので抜きました。
夏のビニールハウスの中の温度が分かる記事があります。

今年の夏も多肉植物溶かしました
ハオルチア属玉扇は、葉っぱを重ねるように一列に並んで生える多肉植物です。それを夏の高温で溶かしました。涼しかった梅雨が明け一気に気温が上がり油断して日に当ててしまった事が原因と考えています。
タイトルとURLをコピーしました