アーモンドネックレス・京童子 私の『多肉植物の育て方』

本日は、【はちクラブ】をご覧いただきありがとうございます。
植物を育てている経験は長いのですが、知識がありません。(えっ?)
勘を頼りに育ててきました。
枯らしたっていいじゃない、だって人間だもの。
はち。です!よろしくお願いいたします。

アーモンドネックレス・京童子 キク科 セネシオ属

原産地

ナミビア

ナミビアの気候は10℃~25℃位と温暖な気候で、年間降水量は120㎜以下、年間晴天日は300日を超え乾燥しているそうです。

耐寒性と耐暑性

耐寒性は-5℃位まで耐えてくれました。
耐暑性は35℃位までは大丈夫ですが、蒸れに弱いと思います。
耐暑耐寒は断水すると上がります。1か月間くらいは断水しても大丈夫です。

特徴

アーモンドネックレスは、葉っぱ(ラグビーボールの様な部分)が他のセネシオ属に比べて大きいです。
茎も太く固いので、扱いにくいところがあります。

似た多肉植物のグリーンネックレスは茎も細く、葉っぱも丸く小さいです。

グリーンネックレス

用土

牛糞堆肥2・腐葉土2・赤玉3・軽石(小)1・鹿沼土1・燻炭1。他の多肉植物に比べ多少保水性を高くしています。
プランター培養土に赤玉を半分位混ぜて使っても同じ様な使用感になるかもしれません。

水やり

1月~2月いっぱいは断水、7月~8月いっぱい断水でそれ以外は土の表面が乾いたら数日あけてから水やりをしています。
ウォータースペース(水やりをした時鉢の中で一時水が貯まるスペースの事で、個体を植える時、鉢の縁より少し下げて土を入れていると思いますが、その土の表面から鉢の縁まで水が貯まるスペースをウォータースペースといいます。)が、鉢が個体に対して大きくて広いと季節によっては乾きにくい場合があります。
表面上は乾いても中が乾かない事もあるかと思いますので注意が必要です。多肉植物は少々シワがよる位あげなくても枯れませんので、むしろその方が安全かもしれません。
ずっと鉢の中が濡れたままの状態になる事は避けています。

肥料

牛糞堆肥をを入れていますので、それ以外はやりません。

植え替え

春と秋に植え替え可能です。
春の方が根が付きやすいと思います。
鉢が小さくなった様であれば秋にも植え替えます。
土が古くなった場合も土の取り替えのため植え替えします。
私は、2年から3年に一度は植え替えをしています。

増やし方

刺し芽で増やせます。
茎の途中で根が出てきますので、その部分を切って別の鉢に植えるのが一番簡単で確実です。

花の時期

基本的に温度が合えば開花します。
春頃や秋頃が開花の温度です。
下の写真は11月に咲きました。

紅葉

ほどんど変わりません。

日当たり

7月~8月いっぱいは遮光(75%)しています。
それ以外も直射日光は避けて30%位遮光した方がいいでしょう。
我が家のは少し黄色になって日焼けしています(;’∀’)

冬越し

ビニールハウスで管理し完全に断水し寒風と霜除けをしています。
冬の間12月末頃から2月いっぱいの間は水はやりません。
シワシワになっても断固やりません。
1日の間で氷点下になる時間がどのくらい長いのか?毎日天気予報でチェックしてビニールハウスのキャンドルヒーターのロウソクの本数を決めてます。
1本でおよそ外気より2℃高い状態で保温が可能です。(※ウチの場合)
キャンドルヒーターはこちらです。

ビニールハウス保温問題 私の【ビニールハウス】
ビニールハウスでの冬越し・保温等を書いています。日光市の気温の影響なども書いています。ビニールハウスで越冬するためのコストをおおまかに計算しています。

夏越し

7月半ばから8月いっぱい位は、月に1回位にしています。
ハウスには遮光シート(75%)をかけ、両サイドのビニールを開けて風の通りをよくしています。
でも、そこから雨が入り込んで土を濡らすので蒸れて溶けます。
この蒸れて溶けるという事故が一番『多肉植物』を枯らしますので気を付けて下さい。

夏と冬の越し方を失敗したり、病気や虫で失敗した実例はこちら↓。

【多肉植物】が枯れる!夏越し・冬越し・病気の実例集
本日は、【はちクラブ】をご覧いただきありがとうございます。植物を育てている経験は長いのですが、知識がありません。(えっ?)勘を頼りに育ててきました。失敗したっていいじゃない、だって人間だもの。はち。です!よろしくお願いいたします。 【...

病害虫

今のところ被害はありません。

まとめ

アーモンドネックレスは、他の多肉植物に比べ水を好むようです。
直射日光を当てると日焼けして黄色に変色します。
夏と冬の断水をすれば、それほど気を使って育てる程でもないと思います。
花の写真です!少しピントが後ピンになってます。スミマセン💦

2018.11.17撮影

似た『多肉植物』でグリーンネックレスがありますが、アーモンドネックレスの方が根と茎が太くしっかりしていますので、グリーンネックレス様にプツプツ切れる事は少ないと思います。
私は雑なので、せっかく伸びたグリーンネックレスをよく切ってしまいます(;^_^A

現在の様子

2019年

3月

真っ赤になり無事に越冬しましてくれました。
とりあえず一安心です。

9月

真緑になっています。
夏の間は断水していましたが、高温には強い印象です、

コチラ↓は、春に伸びた茎を切って挿しておいた予備用のアーモンドネックレスです。

茎がビローンと伸びますので、ウチでは春か秋に切りつめます。
その切った茎を丸めて鉢の上に乗せておいたヤツです。

タイトルとURLをコピーしました