シラユキゲシ 私の【草花庭木の育て方】

本日は、【はちクラブ】をご覧いただきありがとうございます。
植物を育てている経験は長いのですが、知識がありません。(えっ?)
勘を頼りに育ててきました。
枯らしたっていいじゃない、だって人間だもの。
はち。です!よろしくお願いいたします。

シラユキゲシ ケシ科 エオメコン属

原産地

中国東部

耐寒性と耐暑性

耐寒性も耐暑性も心配ありません。
問題なく育ちます。

用土

肥沃な土がいいですが、すごく丈夫な植物なので、神経質に考えなくても育つと思います。

肥料

2月頃に寒肥で鶏糞をパラパラっと撒いています。

水やり

ウチは地植えなので、基本やりません。
鉢植えの場合には、土の表面が乾いたら鉢底から出る程タップリやって下さい。

植え替え

春と秋にしています。

増やし方

実生か株分けで出来ますが、わざわざ分けなくても勝手に増えすぎる程増えます。

花の時期

5月から6月頃

日当たり

半日陰位の所が適しているらしいですが、どこでも育っている様に思います(;^_^A

草丈

30cmほどに成長しますので、切り花としても使えます。
1つの花はそんなに長くは咲きませんが、蕾を沢山つけますので、新しい花が次々に咲きます。

冬越し

何をしなくても問題ありません。

夏越し

何をしなくても問題ありません。

病気・害虫

今までに、病気や害虫被害はありません。

私の栽培環境

私の住んでいる場所の気候は、冬の最高気温が氷点下となる日がある等、非常に寒い地域です。
12月~3月の冬の時期、平均最高温度は1桁の9℃しか上がらず最低温度は-2℃となります。もちろん平均ですから、最高温度が2桁台になる事もありますし、最低温度は-10℃を下回る事さえあります。
夏の時期7月8月は平均最高温度が28℃で最低気温は18℃になりますが、最近の気温は、とても高く35℃を超える日が多くなってきています。
年間の平均降水量は1800㎜を超え特に7月8月に多く降り湿度が高くなります。

まとめ

丈夫で育てやすです。
どこにでも増えますので、後で整理が大変かも分かりません。
でも、砂利が敷いてある所には増えないので、増やしたくない場合は砂利場の近くか鉢植えがいいと思います。

[wpap service=”rakuten-ichiba” type=”detail” id=”auc-shikoku-garden:10001525″ title=”【山野草】シラユキゲシ”]

タイトルとURLをコピーしました