フーケリー 私の【多肉植物の育て方】

本日は、【はちクラブ】をご覧いただきありがとうございます。
植物を育てている経験は長いのですが、知識がありません。(えっ?)
勘を頼りに育ててきました。
枯らしたっていいじゃない、だって人間だもの。
はち。です!よろしくお願いいたします。

フーケリー ベンケイソウ科 パキフィツム属

原産地

中米

中米の気候を一括りにする事は出来ませんが、比較参考するために一応書いておきます。平均最高は32℃位で平均最低気温は13℃位の様です。年間降水量は日光(1800㎜)ほど降りませんが、それでも平均にして1000㎜位は降っている様です。これも場所によりますが・・・

耐寒性と耐暑性

夏の温度はそれほど問題ないと思われますが、過湿に注意して下さい。
冬の耐寒温度は、意外と我慢強く完全断水で霜や寒風に当てなければ-5℃位なら耐えています。
私の住んでいる地域は、寒い地域で毎日氷点下になり、ビニールハウス内の温度も-5℃以下になる事もあります。

用土

牛糞2・赤玉3・軽石3・鹿沼土1・燻炭1の割合でやってます。
鉢の中をなるべく早く乾かしてあげる様にしています。
濡れたままにしておくと、冬は凍りますし、夏は高温で蒸れます。

肥料

牛糞堆肥を用土に混ぜて使っています。
牛糞堆肥は、肥料の中では比較的弱いので、根を痛める事が少ないです。

水やり

1月~2月いっぱいは断水、7月~8月いっぱい断水でそれ以外は土の表面が乾いたら数日あけてから水やりをしています。
ウォータースペース(水やりをした時鉢の中で一時水が貯まるスペースの事で、個体を植える時、鉢の縁より少し下げて土を入れていると思いますが、その土の表面から鉢の縁まで水が貯まるスペースをウォータースペースといいます。)が、鉢が個体に対して大きくて広いと季節によっては乾きにくい場合があります。

表面上は乾いても中が乾かない事もあるかと思いますので注意が必要です。
多肉植物は少々シワがよる位あげなくても枯れませんので、むしろその方が安全かもしれません。
ずっと鉢の中が濡れたままの状態は絶対にダメです。

植え替え

春と秋にしています。主に春に植え替えますが、鉢が小さくなった様であれば秋にも植え替えます。
土が古くなった場合も土の取り替えのため植え替えします。
私は、2年から3年に一度は植え替えをしています。

増やし方

春と秋に葉挿し、脇から出た株を株分け出来ます。

花の時期

春に花茎を伸ばして開花します。
色はサーモンピンクに近いです。

 

2020年3月30日撮影

紅葉

ほとんど変わりません。

日当たり

1年を通してよく日に当てましょう。
でも、夏は直射日光を避け、遮光をした方がいいです。
注意しなくてはならないのは、冬に室内管理をしたり、夏に直射日光を避け遮光したものは、急に日光に当てると葉焼けを起こしますので徐々に慣らしてから日に当てて下さい。

冬越し

ビニールハウスで管理し完全に断水し寒風と霜除けをしています。
冬の間12月末頃から2月いっぱいの間は水はやりません。ビニールハウス内は、キャンドルヒーターか練炭で保温しています。
ロウソクは1本でおよそ外気より2℃高い状態で保温が可能です。(※ウチの場合)
ビニールハウスの保温はこちら↓です。

ビニールハウス保温問題 私の【ビニールハウス】
ビニールハウスでの冬越し・保温等を書いています。日光市の気温の影響なども書いています。ビニールハウスで越冬するためのコストをおおまかに計算しています。

夏越し

完全に断水です。
7月半ばから8月いっぱい位まで水はやりません。
ハウスには遮光シート(75%)をかけ、両サイドのビニールを開けて風の通りをよくしています。
でも、そこから雨が入り込んで土を濡らすので蒸れて溶けます。
この蒸れて溶けるという事故が一番『多肉植物』には多いので気を付けて下さい。

病気・害虫

冬に完全に断水して鉢をカラカラにするため春先にかけてカイガラムシ(白い綿の様なモノがついている)ワタムシ・アブラムシが付きやすくなります。葉っぱと葉っぱの間に発生しやすいので一見分かりづらいです。発見したら直ぐにピンセット等で取り除きましょう!樹液を吸い取られ葉っぱがボコボコされた様にになります(;^_^A

私の栽培環境

私の住んでいる場所の気候は、冬の最高気温が氷点下となる、非常に寒い地域です。
12月~3月の冬の時期、平均最高温度は1桁の9℃しか上がらず最低温度は-2℃となります。もちろん平均ですから、最高温度が2桁台になる事もありますし、最低温度は-10℃を下回る事さえあります。
越冬にはビニールハウスを使っているため保温が最大の課題で毎年苦労しています。
ビニールハウスは180㎝×220cmで保温にはキャンドルヒーターを使っています。そのため、春には多肉植物は少しすすけていたりします。
夏の時期7月8月は平均最高温度が28℃で最低気温は18℃になりますが、最近の気温は、とても高く35℃を超える日が多くなってきていますのでビニールハウスの中の温度はどんなに風通しの良い状態にしても45℃を超えてしまいます。
最近は、溶けて無くなる個体も多くなってきています。
年間の平均降水量は1800㎜を超え特に7月8月に多く降り湿度が高くなります。
多肉植物には地獄の様な環境です。

まとめ

暑さ寒さに強く丈夫で形も崩れません。
群雀という名前で売っているのは、フーケリーじゃなく京美人の方だと思います。
色は深い紫でキレイです。
寄せ植えにするにも、形が崩れないのでいいと思います。

現在の様子

2019年

9月

少し徒長しています。
今年の日照不足を考えると仕方ないレベルです・・・
夏越しは、断水して75%遮光で問題なく越してくれました。

11月11日撮影

全体的に葉っぱの色が紫っぽくなってきました。
大きさは、あまり変わっていない様です。

12月16日撮影

11月と大きさは変わっていません。
葉っぱの色は、葉先が少し赤く色づいてきました。

2020年

1月25日撮影

1月ハウス内平均最低気温:1.2℃

約1か月断水しています。
花芽が大きくなりました。
それ以外に変化はありません。

2月24日撮影

2月ハウス内平均最低気温:-0.4℃

花芽がグングン伸びています。
今年は暖冬のため、例年なら断水中ですが1月25日と2月20日に水やりをしました。

3月30日撮影

3月末に開花しました。
水やりは周一回くらいの通常に戻しました。
日当たりがいい場所なので徒長もなく成長しています。

4月28日撮影

花茎は開花したので切り落としました。
株に高さが出てきています。

5月24日撮影

5月3日ハイポネックスをやりました。
今回で今年2度目の液肥です。
4月と比べると良く分かりますが、先端付近の葉っぱが急に長細く伸びています、おそらく肥料をやり過ぎてしまったから成長し過ぎたと思っています。
この現象は、他の多肉にも見られます。
フーケリーの多肥は形を崩します。

7月26日撮影

枯れた下葉はカビや病気、害虫の温床になるので取り除きました。

6月24日から7月22日のビニールハウス内温度
平均最高温度:26℃
平均最低温度:18℃
最高温度:33℃
最低温度:15℃
合計日照時間:33.7時間(気象庁データ参考)

水やり:2回
追肥:なし

梅雨時期の日光市の気温は、生育するのに丁度良く水をやるとドンドン成長します。
しかし、湿度が高いため乾きが悪く鉢の中に水分がしばらく残ってしまいます。
その上、日照時間は少ない、更に、ウチのハウスは日当たり悪いので徒長します。
これら諸事情ため、水やりを控えて管理します。

8月23日撮影

暑い日が続きましたが、溶けたり枯れたりすることなく越してくれました。
7月と比べてそれほど成長している様子はありません。
2週間の断水中ですが水分不足の様子もありません。

8月1日から扇風機使用

7月23日~7月31日(ハウス内温度)
平均最高気温:26℃
平均最低温度:19.8℃
最高温度:32.5℃
最低温度:17.8℃
合計日照時間:9.6時間

8月1日関東地方梅雨明け
8月1日~8月22日(ハウス内温度)
平均最高気温:36.1℃
平均最低温度:21.6℃
最高温度:41.5℃
最低温度:18.5℃
合計日照時間:135時間

水やり:1回
8月 5日 当日最高温度25.1℃
(断水2週間経過中)

追肥:0回

8月1日から22日の間、35℃以下の日は6日間でした。
水やりをしても2日で鉢の中はカラカラに乾燥します。
断水しても成長し続けています。

葉焼けは41℃以上でカラカラ状態だと焼けやすい感じがしますが、絶対焼けるワケではありません。
湿度が関係しているのか分かりませんが、冬のハウス内の温度が41℃を超えてしまった日の方がよく焼ける気がします。

タイトルとURLをコピーしました