【多肉植物】の増やし方 葉挿しをやってみました

本日は、【はちクラブ】をご覧いただきありがとうございます。

今日は、【多肉植物の増やし方】葉挿しについてです。
多肉植物は丈夫で簡単に増えるイメージがあるかと思いますが、ズバリそうでしょう!
『葉挿し』は簡単です!

【多肉植物】の増やし方 葉挿しをやってみました葉挿しに用意するもの

よく、花を買うと黒いポリポットに植えられていると思いますが、アレを取っておいて使ってもいいと思います。
私はセルボックス25穴使っています。
抜く時に抜きやすいのと、浅いので土を最小限しか使わずに済む点が気に入っています。

挿し芽用の培養土が便利です。

ウチでは、牛糞2・赤玉3・軽石3・鹿沼土1・燻炭1の割合でやっちゃってます(;^_^A
それでも発根して発芽しますので大丈夫だとは思いますが・・・私のやり方は雑で葉挿しするには土の保水性が悪く、葉挿しや挿し芽にはおススメは出来ません・・・。

多肉植物の葉っぱ

当たり前ですが、多肉植物の葉っぱです。
多肉植物は、葉っぱを触ると直ぐ取れてしまいますので、それを使います。
葉っぱの付け根に成長点があり、そこの部分から発芽、発根します。
多肉植物の中には、葉っぱの途中で切って挿し芽をするサボテン類や孔雀サボテン等の種類もあります。
※成長点とは細胞分裂をする部分です。

土の上に葉っぱを置いてみる

葉っぱを土に植えに転がしておけば発根して発芽しますが、出来れば茎に葉っぱが付いていた状態のまま土の上に置いて下さい。
つまり、葉っぱが反っている状態で放置です。
土に対して葉っぱを被せる様に置くと、芽が土に向かって出てしまい、成長すると上に向くため芽が捻じれてしまいます。
土に置いたら名前を書いた札を挿しておくといいです。
多肉植物は似ているモノも多いので、後で名前を探す時、大変苦労します。

葉挿し後の水やり

根が出て土にもぐったら、水やりを開始しし、鉢底から水が流れ出る位にあげて下さい。
その後は、土の表面が乾いて2~3日空け、鉢の中の水分も乾いてから水やりをします。

まとめ

取れた葉っぱを土の上に放置するだけで増えるなんて簡単な植物なんです・・・まぁ、増やすだけなら・・・
簡単に増やせますので、やってみる価値ありだと思います。

現在の様子

2019年4月

少し大きくなり、挿した葉っぱは枯れてしまいました。
現在は水やりも土の中も乾いてからタップリやる様にしています。

2019年6月

大きくなってきましたが、コナカイガラムシが付いていましたので、退治しました。

タイトルとURLをコピーしました