【多肉植物】の増やし方 挿し芽をやってみました

本日は、【はちクラブ】をご覧いただきありがとうございます。

今日は、【多肉植物の増やし方】挿し芽です。
切って切り口を乾かしてから土に挿すだけです。
乾かすのは、腐りを防ぐためです。

私は、面倒なので乾かさないで挿しています。
今までに腐った事はありません。

【多肉植物】の増やし方 挿し芽をやってみました挿し芽に用意するもの

鉢・瓶

私は土に挿す場合セルボックス 25穴使っています。

一マスが小さいので、土の使用料が少なくて済みます。
柔らかい素材なので根が張った状態からでも抜きやすいです。
とても便利です。

水挿しには、水が入って漏れない器なら問題ありません。
私が使っているのはコレです

そう!皆さんご存知、疲労回復・栄養補給、元気はつらつのリポビタン〇です。

口が細くなっているので使いやすいんです。
見た目の問題がありますので、クラフト紙とかマスキングテープで何とかすると使えそうです。
何かいい瓶作れたら載せます。

土・水

私が土を使う場合は、ウチで植え替えに使っている牛糞2・赤玉3・軽石3・鹿沼土1・燻炭1の割合で作っている土を使っています。
面倒なので、用途別に土の使い分けをしません・・・

水を使った挿し芽は、水道水を使います

ほんの少しメネデールを入れると発根の確率が上がります!

あると便利なもの

ペットボトル
空のペットボトルに切った多肉植物を挿して放置しておくと、発根します。
飲み口から下にぶら下げる様に挿すと、多肉植物が曲がらずに済みます。
そこら辺に放置すると太陽に向かって伸びるので、茎が曲がってしまします。
ペットボトルには、風が通る穴を開けます。
風通しが悪いと腐る原因になります。
発根したら鉢に植えるのが基本です。
※私は面倒なので切ったら直ぐ土に挿します。

多肉植物

当たり前ですが、挿し芽用に切った多肉。

多肉植物を土・水に挿してみる

多肉を切って

土に挿して、水やりは少しの間ストップします。

放置して、2週間程経った後水やりをして、その後は完全に土の中まで乾いたらタップリ水やりをします。
乾いたらやる、乾いたらやるの繰り返しです。
すると、

と、なります。
(これは、いつもの私のやり方です。)

放置して発根させる場合は、

アエオニウム属の黒法師を放置しました。
気温が低く中々発根しませんでしたがやっと発根してくれました。

これから植えます!
セダム属やエケベリア属などであれば、もっと発根しています。

ちなみに鉢植えになっているにもかかわらず、茎の途中から根が出てしまっている状態の多肉がありますが、それは気根といいます。
気根が出る原因は色々あると思いますが、地中の根っこが何かの原因で水の吸い上げが悪いと出ます。

挿し芽後の水やり

発根し土に植えたら、3日位空けて水やりを開始しています。
※私の様に直ぐに土に挿すと発根したかどうかが分かりにくいので、発根させてから植え付ける方が楽です。
土の表面が乾いたらタップリと鉢底から水が流れる位あげます。

水に挿した場合は、発根したら土に植えています。

まとめ

挿し芽が多肉植物を増やすのに一番簡単ですし、成功率も高いです。

現在の様子

2020年

6月20日撮影

この黒法師は、上の黒法師を切った時に余った茎を挿しておいたモノです。
葉っぱも出て結構育ちました。
ずっと写真を撮り忘れていました(;^_^A

ちなみに上の黒法師はコチラ↓

黒法師・サンシモン 私の【多肉植物の育て方】
本日は、【はちクラブ】をご覧いただきありがとうございます。 植物を育てている経験は長いのですが、知識がありません。(えっ?) 勘を頼りに育ててきました。 枯らしたっていいじゃない、だって人間だもの。 はち。です!よろしくお願いいたし...

8月23日撮影

今は、休眠中なので葉っぱは落ちています。
夏は断水して越します。

タイトルとURLをコピーしました