タチアオイ・ホリホック 私の【草花庭木の育て方】

本日は、【はちクラブ】をご覧いただきありがとうございます。
植物を育てている経験は長いのですが、知識がありません。(えっ?)
勘を頼りに育ててきました。
枯らしたっていいじゃない、だって人間だもの。
はち。です!よろしくお願いいたします。

タチアオイ・ホリホック アオイ科 ビロードアオイ属 多年草・二年草・一年草 落葉性

背が高く、大きな植物です!

原産地

西海岸からアジア

耐寒性と耐暑性

耐寒性も耐暑性も問題ありません。
夏の高温の中でも、元気に咲いてくれます。

用土

露地植えなので、植え付け前に牛糞堆肥を土に混ぜています。
ウチは、排水性の高い場所に植えてあります。

肥料

牛糞堆肥を用土に混ぜて使っています。
牛糞堆肥は、肥料の中では比較的弱いので、根を痛める事が少ないです。
寒肥に鶏糞を少しやります。

水やり

露地植えなので、基本やりません。

植え替え

移植は出来ません。
小さい苗の内なら移植出来ますが、周りに付いている土は崩さない様に注意して植えて下さい。

増やし方

こぼれ種で増えます。
種は大きいので、採取して好きな場所に蒔くといいです。

花の時期

梅雨時期から夏にかけて開花します。

日当たり

1日中、太陽当たっています。

樹高

2m以上になります。

タチアオイの葉っぱです。

大きさは、25cm~30cm程の大きさです。

冬越し

何もしていません。

夏越し

何もしていません。

病気・害虫

アブラムシ・ヨトウムシ・毛虫などに注意して下さい。

私の栽培環境

私の住んでいる場所の気候は、冬の最高気温が氷点下となる、非常に寒い地域です。
12月~3月の冬の時期、平均最高温度は1桁の9℃しか上がらず最低温度は-2℃となります。もちろん平均ですから、最高温度が2桁台になる事もありますし、最低温度は-10℃を下回る事さえあります。
夏の時期7月8月は平均最高温度が28℃で最低気温は18℃になりますが、最近の気温は、とても高く35℃を超える日が多くなってきています。
年間の平均降水量は1800㎜を超え特に7月8月に多く降り湿度が高くなります。

まとめ

夏の暑い中元気に咲いてくれる貴重な花です。
夏の青空の下のタチアオイとセミの鳴き声とスイカを「夏休み」の絵日記に書きたいです!
冬の間は、地上部が枯れていますが、春には新芽が出ます。
春の間にスクスク育ち2mを越します。
鉢植えにするより露地植えの方が伸び伸び育つ植物です。

タイトルとURLをコピーしました