発根競争!一番速いのは誰だ?!

本日は、【はちクラブ】をご覧いただきありがとうございます。

先日、”発根を速める方法”のお問い合わせがありましたが、私は、発根を速める方法を知りませんでした。
そこで、主旨は少々ズレますが『じゃ、どの方法が速いか試してみよう!』と、ものすごく重い腰を上げた訳です。

発根競争!一番速いのは誰だ?!

レースに使った多肉植物は、ジャーン紅稚児・マクドガリー!

紅稚児・マクドガリー(エケベリア)私の【多肉植物の育て方】
色々と、名前のややこしい多肉です。まず、名前は紅稚児かマクドガリーです。普及種の宿命なのでしょうか、販売店によって違います。同じ名前の多肉が他にも存在していますので、名前で検索すると、色々出ちゃうタイプのヤツです。特徴は、背が伸びます。

背が高いので切りやすかったのが選抜理由です。

紅稚児を切ってこんな感じに仕上げました。

左上がメネデールを水に薄めて多肉を挿しています。
左下が何も使わず放置。
右上がルートンを付けてそのまま放置。
右下が水に挿しました。

そして、数日が経ち無事に全ての紅稚児が発根しました。

結果は・・・・・

🥇1位タイ・・・メネデールと水

🥈2位タイ・・・ルートンと放置

その差1日。
僅差での優勝です!パチパチパチパチ

2019年7月8日にスタートしましたこのレース、1位が16日で2位が17日に発根しました。
かかった時間は、1位が8日間、2位が9日間でした。
ちなみに、レース時の日光市の気温です。

日付最高気温最低気温日照時間(h)
7月8日21.415.10.1
7月9日17.614.3
7月10日20.014.4
7月11日19.714.70.1
7月12日20.615.4
7月13日23.817.90.1
7月14日21.418.8
7月15日22.818.0
7月16日22.517.80.1
7月17日28.118.44.7

気象庁:気象データ引用

根が出た1日目は、1㎜程度でしたが、2日目になると1cm程に伸びていて、急に伸びるもんだとビックリしました。
このレースで分かった事は、発根促進剤は、発根を速めないという事でした。
気温と日照時間は参考に載せましたが、多少関係があるかもしれません。

発根には1週間から10日程度の時間がかかります。

かなり大雑把にやりましたが、大変勉強になりました。

まとめ

多肉植物の根は、割と簡単に出ますので、促進剤を使うときは確実に根を出したい時がいいと思います。

完全にお問い合わせから逸脱してしまいました・・・(^_^;)

タイトルとURLをコピーしました