恐怖オブツーサ増殖中! (観覧注意)

恐怖オブツーサ増殖中!

初めに集合体恐怖症の方は見ないで下さい。

写真にはぼかしを入れますが、集合体恐怖症の方は気分を害する可能性があります。

 

オブツーサ購入

最初のオブツーサを購入したのは、今から約5年程前だったと記憶している。

ネットで購入したが、5年も前の事なので、どこのお店だったかは覚えていない。

よく『昨日食った飯の事も覚えてねーのに、5年も前の事なんて覚えちゃいねーよ!』という犯人をドラマで見かけるが、私は10年前に私のヤクルトを父親が近所のおじさんに『これ飲みなよ!』とあげてしまった事は、昨日の事の様に鮮明に覚えている。

でも、購入店は覚えていないので、オブツーサよりヤクルトの方が大事なのかもしれない。

初めての感触

私がオブツーサを初めて知ったのは20年程前に雑誌だったと記憶している。

写真で見るオブツーサは、グミの様な触感なんだろうと想像していた。

ところが、届いたオブツーサを触ってみると、『カッチカチ』でビックリしたのだった。

私は、『カッチカチ』ではなく『ぷにぷに』を想像していたからだ。

その昔、私が若かりし頃、車で夜遊びの帰り道に、街頭も無い辺りは真っ暗な自販機でコーヒーを買った。

眠気覚ましにとその場でコーヒーの蓋を開け、口へ流し込んだ。

すると、ドロッとした液体が口いっぱいに広がり、私はビックリして吐き出した。

『腐ってんのか?』と、液体の入った缶を、自販機の灯に照らすとポタージュスープだっというくらい、ビックリした。

思い込みとは本当に恐ろしいものである。

恐怖のはじまり

当時購入した株は、3号位の小さな鉢に植えられていた。

繊細そうなオブツーサを寒さや暑さで溶かさないようにと大切に育てた。

その甲斐あって1年後には、株の周りからたくさんの子株が出て、あっという間に5~6株位に増えてくれたのである。

私は嬉しかった。

たった1株が、株数を増やし完全に元を取ったのだから・・・

増えたオブツーサで窮屈になった鉢から、2回り以上大きな鉢へと植え替えをして2年が過ぎた。

3年目を迎えるころには20株以上に増えていた。

大きな鉢も窮屈になり、いっそ鉢ではなくて育苗箱に植えてしまった方が、毎年の植え替えから解放されると思った私は、20株を育苗箱に植え替えた。

それが恐怖のはじまりだった・・・

現在の状態

そして増殖に増殖を重ね、聞こえるだろうか?断末魔の叫びが・・・

もう箱から飛び出し、山のように重なり合っている状態は、東京の満員電車を通り越してインドの満員電車状態になっているのである。

集合体恐怖症じゃない方は下のボタンをクリックして下さい。

ぼかしの無い写真が見られます。

中央の山の頂上辺りの根っこはどうなっているのか?

もしかしたら多肉植物は、土も水もそれほど重要じゃないのか?

そうすると私は、このブログで盛大に嘘を言っていることになる。

そのため今、土に植えないで放り投げて定期的な水やりだけで管理している多肉植物を数種類観察している。

思い込みとは、本当に恐ろしいのである・・・

悩み

しかし、これは増殖しただけの完全なクローンなので、親株と同じなのでる。
そのため、変異種や優良交配種などが出ないため、元は取れても一攫千金狙いのギャンブル要素が全くないのである。
パチンコの方が、出る確立が高いのである。
あるのは数だけ・・・
これをどうするのか?今ものすごく悩んでいる。
最新情報をチェックしよう!
    >多肉の花

    多肉の花

    CTR IMG