植物以外に何もない場所で、植物を集め育てています。 どうぞ御贔屓に・・・

桜吹雪 雑な私の育て方【多肉植物】

本日は、はちクラブをご覧いただきありがとうございます。
このブログでは『こんな育て方は枯らす!』をやっております。
ご参考になれば幸いです。

 

桜吹雪

 

関連記事

本日は、【はちクラブ】をご覧いただき誠にありがとうございます。 雑な私が育てている多肉植物、『こんな育て方は枯らす!』をご紹介させて頂きます。 それゆえ、私とは違う育て方をする方がよろしいかと思います。 植物に必要なモノそれは、水[…]

 

科・属

スベリヒユ科 アナカンプセロス属

 

原産国

南アフリカ

南アフリカの気候は、一年を通して暖かい。夏の最高温度は40℃冬でも30℃で、年間平均降水量が500㎜前後と乾燥している。私の住んでいる地域と比べてみると温度は、冬が平均気温5℃位、夏の平均気温22℃程になる。年間降水量は1880㎜なので、全く違うの気候の様です。

 

特徴と特性

紅葉斑という珍しい斑入り種です。

夏の暑さに弱いとされていますが、自生地は気温が高く乾燥している事から高温多湿が問題なんだろうと考えています。

ピンクの斑は夏に白になります。

 

月別の様子

 

本日は、はちクラブをご覧いただきありがとうございます。 このブログでは『こんな育て方は枯らす!』をやっております。 ご参考になれば幸いです。   【多肉植物・サボテン】の月別の管理一覧 1月 [sitecard sub[…]

2017年10月12日撮影

2019年9月26日撮影

葉っぱに艶が出てきていますが、斑は白から緑になっています。

2019年12月12日撮影

2020年1月12日撮影

2020年3月29日撮影

2020年4月25日撮影

斑が薄くなってきました(´;ω;`)ウゥゥ

2020年5月24日撮影

斑が白くなってきました

2020年8月23日撮影

斑が白どころか緑になってきました

2020年9月24日撮影

間延びしいているので剪定しました。

2020年10月25日

2020年11月22日撮影

2020年12月29日撮影

夏の白い斑が緑になってしまうと、ピンクの葉っぱにならない様です。

関連記事

夏の温度と冬の温度 夏の温度と冬の温度をハウス内と外で計ってみました。 ご参考までに、多肉植物の成長と照らし合わせてご覧下さい。   ハウス内温度(2020年)   7月23日~7月31日 平均最高[…]

害虫と病気

害虫 ちなみにテントウムシは益虫で、オレンジ色で黒のドット模様のヤツは害虫です。 この下は観覧注意です。 コナカイガラムシ 煤病の原因にもなる、とても面倒な害虫of害虫です。 活動期 通年 春に繁殖する様です。 &n[…]

まとめ

日当たりよく育てると斑はピンクになりやすいと感じます。

夏に白になった斑が秋に緑になってしまうとピンクの斑に戻る事はなさそうです。

高温多湿に弱いです。

 

最新情報をチェックしよう!

アナカンプロセス属の最新記事8件