サボテン科

はちの管理しているサボテンです。

スポンサーリンク
サボテン科

銀手毬 私の【多肉植物の育て方】

銀手毬は、サボテンですが棘が触っても痛くなく攻撃性は、ほとんどありません。棘が体に張り付くように生えているため、隣の棘同士が折り重なるように生えて幾何学模様の様に見えます。深緑のボディに真っ白の棘、細かくなったそうめんが張り付いている様にみえるのは、私だけでしょう。
エキノプシス属

花盛丸 私の【多肉植物の育て方】

普及種代表のため、冷遇されがちですが、丈夫で育てやすく花が大きく美しいサボテンです。しかし、棘が長く鋭いので攻撃性が高く狂暴です。舐めた態度で植え替えすると牙を剥きます。横を通る時も気を抜かず大きく避けて通らないと刺されます。
サボテン科

アルティクラトゥス イネルミス ・松笠団扇 私の【多肉植物の育て方】

名札には松笠団扇と書いてありましたが、私は少し疑問を持っています。テフロカクタス属というのは、棘の形で分類しているらしいのですが、松笠団扇には棘は無い様なのです。今付いている棘もペラペラで棘と言える程のモノでも無いのですが、私の疑いの目は止まりません。
サボテン科

エロンガータ・金手毬・黄金司 私の【多肉植物の育て方】

金手毬の棘は、引っ掛かる程度で刺さる様な棘ではありません。弾力のある棘で、素手で触る事は出来ます。この棘は、攻撃力は低いですが、防御力は80位ありそうです。地肌が見えないほど棘で密集しています。
サボテン科

赤花高砂 私の【多肉植物の育て方】

白い毛がふわふわで細い棘に気が付かずに触ったら刺されます。白のふわふわからピンクの花が咲いていると、白い小動物が花を付けている幻想に憑りつかれ思わず触りたくなります。しかし、細く鋭い棘が仕込んであります。ウチのはハゲ気味なので棘が見いやすくなっております。
アウストロキリンドロプンティア属

将軍 私の【多肉植物の育て方】

成長が早く丈夫です。棘が長く狂暴です。背が高くなりますので倒れやすくなり、棘に十分注意して扱わないと刺してきます。棘は抜けやすいため、刺されたら刺さったままで1日を過ごす事になりかねません。1日中痛いです。私は経験済みです。
サボテン科

ラウシーの根腐れ

本日は、【はちクラブ】をご覧いただきありがとうございます。 ラウシーを根腐れしてると誤診し、切断した話です ラウシー サボテン科 スルコレブチア属 ラウシーの根腐れ【ラウシーを根腐れと誤診】 ラウシーは、高山に自生するため、夏の...
サボテン科

撫城丸 私の【多肉植物の育て方】

本日は、【はちクラブ】をご覧いただきありがとうございます。 植物を育てている経験は長いのですが、知識がありません。(えっ?) 勘を頼りに育ててきました。 枯らしたっていいじゃない、だって人間だもの。 はち。です!よろしくお願いいたし...
サボテン科

ピンクニンフ 私の【多肉植物の育て方】

本日は、【はちクラブ】をご覧いただきありがとうございます。 植物を育てている経験は長いのですが、知識がありません。(えっ?) 勘を頼りに育ててきました。 枯らしたっていいじゃない、だって人間だもの。 はち。です!よろしくお願いいたし...
サボテン科

雪晃 私の【多肉植物の育て方】

本日は、【はちクラブ】をご覧いただきありがとうございます。 植物を育てている経験は長いのですが、知識がありません。(えっ?) 勘を頼りに育ててきました。 枯らしたっていいじゃない、だって人間だもの。 はち。です!よろしくお願いいたし...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました